清算問題は法律家へ|法人トラブルに気をつけよう

女性

任意保険の安心度を高める

説明

つけておきたい特約

車を運転する際、ほとんどの人が自賠責保険の他に任意保険にも加入しているはずです。どんなに注意していても車を運転する限り、交通事故を起こす可能性は絶対にゼロにはならないものです。そして、自分が起こした交通事故で、死者を出してしまう可能性だってあります。ですから、より補償が手厚い任意保険に加入することは、実に賢明な判断であり、それ故に大多数の人が任意保険に加入しているのです。任意保険には、様々な特約があります。その中で多くの保険会社が推奨し、また、多くの人がつけているのが弁護士費用特約です。弁護士費用特約は今後、更につける人が多くなることでしょう。弁護士費用特約とは、保険会社が弁護士にかかる費用を支払ってくれるという特約です。余程、大きな交通事故を起こさない限り、弁護士に世話になることはないと思うかもしれませんが、それは誤認です。

実は身近な存在

交通事故後の処理は、通常、保険会社が行ってくれます。しかし、保険会社が処理を行うことができない交通事故もあるのです。それは、自分に一切の責任がない、通称、もらい事故の場合です。責任がない交通事故なのだから、保険会社に頼まなくても平気だと考えてしまいがちですが、それは大間違いです。自分、つまり素人が示談をすると満足な賠償が得られない場合が往々にしてあるのです。なぜなら、示談の相手はプロである保険会社だからです。相手が任意保険に加入していなければ、まったく示談に応じず、何も賠償してもらえないこともあります。そこで頼りになるのが、弁護士なのです。弁護士ならば、もらい事故の示談代行が可能です。ですから、弁護士は思っている以上に身近な存在であり、それ故に、弁護士費用特約が必要なのです。