清算問題は法律家へ|法人トラブルに気をつけよう

女性

相続税の対策をするには

電卓

相続の際の注意点

相続で親から財産を継承すると相続税を支払うことが必要になる。以前は相続税を支払う必要があるのは一部の資産家に限られていたが、税制改正によって、相続税の課税対象が拡大したため、相続税を納める必要がある人は激増している。相続税は事前に節税の対策を講じることによって、相続税を節税することが可能になる。相続税の対策は親の死後に行っても手遅れであり、親の生存中に節税対策を行うことが必要である。相続税の節税対策をするには、大阪の税理士に相談すると、相続税の大幅な節税が期待できる。大阪の税理士は税務の専門家であり、最も節税効果のある方法で節税対策をすることが可能になる。大阪の税理士は無料で相続の相談を行っており、税金の専門家に気軽に相談することができる。

相続税の節税対策の特徴

相続税の節税対策は、大阪の税理士に依頼すると、最も高い節税効果が期待できる方法で節税対策をすることが可能になる。相続税を節税する方法には、生前贈与対策や資産圧縮対策などがある。生前贈与対策は、親が生存中に資産の一部を子供や孫に贈与して、相続税を低くする方法である。生前贈与は年間110万円までであれば贈与税がかからないため、税金を支払うことなく資産を子孫に譲ることが可能になる。資産圧縮対策とは、現金や銀行預金を賃貸マンションなどの不動産に変えることによって資産を圧縮する方法である。資産圧縮対策をすると相続財産の評価額が低くなるため、相続税を節税することができる。大阪の税理士に相談すると、生前贈与対策や資産圧縮対策を税理士の指導の下で行うことができる。専門家による指導を受けることで、合法的に節税することが可能になる。