清算問題は法律家へ|法人トラブルに気をつけよう

女性

次の世代への資産継承

相談

早めの対策が大切

日本では高齢化の進展などもあり、年々社会保障費が増え続けています。そうした状況を受け、税と社会保障の一体改革が進められており、消費税を始めとしてさまざまな税制の改革がおこなわれています。その一連の改革の中で相続税制についても平成27年より以前と比べて基礎控除額が大幅に引き下げとなっています。そのため、東京や横浜といった首都圏では、不動産を所有している世帯などを中心に、これまで相続税の納税義務とならなかったような世帯でも相続税の納税対象となる可能性が高まっています。なぜなら東京や横浜などの首都圏では地価が高いため、それだけ相続財産の評価額も高額となりがちだからです。そのため、次の世代にしっかりと資産を承継させるためには早めの相続税対策をとることが今まで以上に重要になってきています。

専門家へ相談しよう

横浜で相続対策を検討されているのであれば、税の専門家である税理士に相談するのが一番よいといわれています。資格のないアドバイザーの助言に従った結果、税法の解釈が誤っており思ったような節税効果が得られなかったといった事例も少なからず報告されています。また、一概に税理士といっても必ずしもすべての税理士が相続対策に詳しいわけではない点には注意が必要です。相続対策の相談にあたっては、資産状況や家庭の事情なども詳しく説明する必要があるため、遠隔地の税理士ではなく、出来るだけ密接に連絡の取れる地元横浜の税理士に相談するとよいと考えられます。早めに対策をすることによって、しっかりとした節税対策が取れる可能性が高まります。