清算問題は法律家へ|法人トラブルに気をつけよう

女性

会社を終わらせるとき

相談

会社を終わらせるとは

法人特に会社を終わりにするときに必要となる手続きがいくつかあります。その手続きは税務的なことから法律的なこと、取引先や会社の内部の人のやり取りなど多岐にわたります。その中で清算というものがあります。清算とは会社に限らず法人が終わるときに必ず行われる手続きの一つで、法人の債権債務を整理して法人としての権利義務関係をすべて終わらせることです。会社が終わる清算がおこなわれるきっかけとして、株主総会の決議や、合併、会社の定款に定められた存続期間の満了や目的の達成、不達成が確定したときなどが挙げられます。特に合併に関して、新しい会社をつくるための合併と、既存の会社に合併することの2種類があり、後継ぎの選定に悩む中小企業などで引き継ぎ方法の一環として合併がおこなわれることもあります。

権利義務を終わらせるには

清算をするためにはまず解散がおこなわれ、同時に清算人を選任することから始まります。その後、法人は自らの権利を行使し、義務を果たすためだけに活動を行います。その中で、特に法人の債権者を保護するための手続きは慎重に行われます。会社の清算が終わったと法律的に認められるためにも必要なことで、仮に会社に債務が残っていると清算が終了したと認められません。ここで債務が超過していることが分かっても清算手続きに支障はありませんが、法人のうち株式会社については裁判所の監督のもとで行う特別清算という方法をとることになります。解散が始まってから終了するまでには3カ月ほどはかかると言われており、終了した後も帳簿や書類は10年ほど保管することが義務付けられています。

次の世代への資産継承

相談

一連の税と社会保障の一体改革の中で、相続税について平成27年より今までと比べて基礎控除額が大幅に削減となる改正がされています。横浜で相続税対策について相談するのであれば、税の専門家である税理士に相談するのが一番よい方法であるといえます。

相続税の対策をするには

電卓

税制改正によって、相続税を納付することが必要な人は激増している。大阪の税理士に相談すると、相続税の節税対策を行うことができ、相続税を低く抑えることが可能になる。相続税の節税対策には、生前贈与対策や資産圧縮対策などがある。

任意保険の安心度を高める

説明

任意保険でつけておきたい特約は、弁護士費用を保険会社が支払ってくれる弁護士費用特約です。交通事故の際、通常は保険会社が示談代行しますが、もらい事故の際は不可能です。自分で示談をすると、満足な賠償が得られないことがあります。もらい事故の示談代行は、弁護士ならば可能です。ですから、つけておきたいのです。